福祉車両の活躍

食卓に座る老夫婦

福祉車両とは、車いすのまま乗車ができたり、乗車の際に乗降しやすいように段差の調節ができるように工夫された車両のことを言います。 現在では、公共のバスなどでも福祉車両が普及されてきていますが、高齢者施設などでも使用されています。 また、福祉車両を用いた福祉タクシーや介護タクシーもあります。介護タクシーの場合は運転手が介護の資格を所有しているので、乗り降りの際の介助や必要に応じて病院での付き添いなども行ってくれます。 福祉タクシーや介護タクシーはそれらを扱っているタクシー会社に連絡することで利用することができます。 介護タクシーは要介護認定を受けていると介護保険を利用することができるので、タクシー代も1割の支払いで済みます。

体に何らかの障害があったり病気などで身体が不自由になると、外出する機会が極端に減ってしまう人も少なくありません。 しかし、中には定期的に病院に通院しなけらばならない人もいますし、交通手段さえあれば、健康な人達と同じように買い物をしたり観光をしたいと願う人も多くいます。 福祉車両はそのような人達の願いを叶えた車両でもありますし、行動範囲や生活の質を上げる大切な手段の一つでもあります。 近年では乗用車タイプの福祉車両も多く、一般家庭で使用している人も多くなってきましたが、高齢者のみの世帯なども増えているため、家族だけでは支えきれない現状もあります。そのような人たちに望まれているのが福祉車両サービスと言えます。